読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気分はミニマリスト

ストレスフリーな生活を目指しています。何気ない毎日を気ままに綴ります。

■なかなか手放せなかったモノ■

手放したもの

服、小物を中心に大量に手放し

ダイニングセット、ソファ、ホットカーペット、こたつ等の大物ともおさらばしました。

 

使っていないものの処分は比較的容易でしたが

その中でどうしても悩んだモノが2つあります。

 

 

母が作ってくれた裁縫箱入れと

旦那が買ってくれた3DSとソフトのセットです。

 

 

裁縫箱入れはミッキーがついてオレンジの生地で

手提げ袋の内側に、母が私の名前を書いてくれていました。

 

3DSの方は、

普段何も言わない私がCMを見て「ほしい!」と言ったらしく

ボーナス(のうちのごく僅かな取り分の諭吉様)を握りしめ

ソフトと共に買ってきてくれました。

 

その日は帰るコールから異様に遅く

とても心配して玄関の外で待っていたのですが

こちらの心配とは裏腹に

嬉しそうな顔をして帰ってきた旦那の顔は今でも忘れられません。

その気持ちがとても嬉しく、よく二人で遊んでいました。

 

どちらも使い倒し、既に使っていませんでした。

それでもどうしても手放すことができませんでした。

 

 

なぜか。

 

 

私がモノに、人の想いを植え付けていたんだと思います。

 

裁縫箱入れ は 母の愛

3DS は 旦那の気持ち

 

それを手放すと、想いも消えてしまうような気がしてたんだと思います。

 

でもそれは違う。

そう信じて手放しました。

 

裁縫箱入れは、当時の思い出を母と話してウエスへ。

3DSは売り、家族での食事で思い出に変わりました。

 

モノを手放しても思い出はずっと心の中にあると信じています。

 

手放して心が痛むほどでしたら手放す必要はないと思いますが

ずっと心にあるというのも素敵ですよ(^^)